代表・特定社会保険労務士 森 克巳の歩み

 

1963年・東京都目黒区にて出生。

 

・高校卒業までは順調な(?)学生生活。

 

・大学受験に失敗し1年間の浪人生活。

 

・仕方なく予備校に入学するも最初の校内テストで、まさかの偏差値45!

 英語の教師にも「君は大学受験以前の問題だ!」と大教室で罵倒され、大きなショックを受けた。

 

・このときに自分自身の甘さを痛感し、その悔しさをバネに奮闘努力の末、偏差値を60以上に上げることに成功し、法政大学法学部法律学科に入学を果たす。

 

・大学時代は、人並みに(?)アルバイトと遊びに精を出す。(笑)

 

・卒業後、某外資系の製薬会社に「医薬情報担当者」(いわゆるMR)として就職。

幼少の頃から医療の世界にあこがれており、念願の医療界に入れた喜びに浸ったのも束の間・・・・。

 

・薬業界は、自分が思い描いていたキレイな業界ではなく、実に泥臭い「営業」の世界でした。

 

・日々、売上目標数値を追いかけて、夜討ち朝駆け、飲みの接待、ゴルフ接待で忙殺される日々。

(当時は、バブル期真っ只中! 接待交際費は潤沢に使えました。)

 

・自分の肌に合わない仕事と職場に嫌気がさし、5年半勤務した製薬会社を退職。30歳を目前にして思い切って方向転換を決める。

 

・東京都内の某資格学校に通い、懸命な奮闘努力のお陰で、「社会保険労務士」の国家試験に一発合格を果たす。

 

・資格試験にはパスしたものの、実務経験がないため、まずはお世話になった資格学校の講師を1年間務めさせてもらった。

 

・製薬会社時代のお得意先であった医療法人からスカウトされ、病院と介護施設の人事担当管理職に就任。

 

・この医療法人において人事労務問題に取り組み奮闘した経験が、現在の自分の社労士としての確固たる基礎を築いてくれたのだと思う。(我が社労士人生の原点といえます!)

 

・医療法人退職後、本格的に社労士事務所の開業に踏み切る。

 

・開業当初は顧客獲得に難儀し、事務所営業と並行して大手の資格学校(資格の大原)にて、社労士受験講座の非常勤講師を務める。

 

・講師業に慣れてくると同時に、お客様も増え、2013年をもって、14年間務めた資格学校の講師を引退しました。

 

 

・お陰様で、2018年夏現在、社労士登録後24年、事務所開業後19年経ちました。

 

 

今後とも、地域の中小企業経営者のお役に立てる存在となれるよう、奮闘努力を重ねていく所存です! よろしくお願いいたします!